毎年この魚を見ると言ってしまうのが「小さい秋見つけた」という言葉

南の方の魚が産卵し、卵が流れに乗って北上してきます。
その後、孵化して越前あたりで泳ぎ始めます。
しかし、北の方には、冷たい冬が来ます。みんな来年を迎えることのできないという悲しい運命の魚たちです。

越前海岸では、お盆ぐらいから見ることができます。
秋の終わりには、青い魚が岩を覆うという景色が見ることができます。