能登半島の先端に蛸島漁港という場所があります。
今回は、漁港の先にタチアマモの群生があり、そこをダイビングといつのが課題です。

アマモとタチアマモの違いは、生息水深が違います。
アマモよりもタチアマモが深く25メートルほどまでが生息水深です。
草の長さが、タチアマモの方が、アマモよりも大きくなるそうです。

絶滅危惧種に指定されている珍しいアマモです。
この先、受け入れ態勢が整えば、皆さんにご紹介が可能となる予定です。