伏木の春のお祭り「伏木けんか山」が、5月15日に開催されます。
今年は、日曜日の開催で、混雑することが予想されます。
このお祭りは、「昔々、地元の神社が波による浸食により崩れてしまいました。
そこで、地主や船問屋などが丘の上(現在の地)に神社を造り、
御神体をそこに移すことになりました。
その時の御神体を乗せる御輿が現在の山車(やま)になりました。」とホームページに掲載されてました。

夜、提灯を付けてぶつかり合う(かっちゃ)が有名で、祭りのメインイベントなんですが、
私のオススメは、日中に伏木の町中を山車が引かれて回る様子を見るのもおすすめです。
「こんな狭い道に」「この直角を曲る」「屋根にぶつかる!」などとスリリングたっぷりです。

ぜひ、5月15日 伏木けんか山 見に来て下さい。

2016-5-10-001 jyunro_h28_ss町中を山車が引かれるMAP